第3回定例研究会-2024年6月21日開催 「アジャイル開発プロジェクトにおける アジャイル監査」

J-AISA公式セミナー

第3回定例研究会                           

アジャイル開発プロジェクトにおけるアジャイル監査

~課題の整理と解決に向けたアプローチ~

【主催】NPO情報システム監査普及機構

 ※受講証明書を発行いたします。

アジャイル開発は、短期間のイテレーションを繰り返しながら顧客と連携して進める⼿法で、変化の激しい現代に適した開発⼿法として主流となりつつあります。また、従来のプロジェクト監査⼿法では、計画段階で詳細な計画を⽴て、定期的に監査を実施するのに対して、アジャイル監査ではアジャイル開発の特性に合わせて、短期間のイテレーションごとに監査を実施します。 アジャイル監査は有効な⼿法である⼀⽅、導⼊にはいくつかの課題があります。さらに、スクラム、リーン、SAFeなどの対象となる⽅法論の違いによっても、アジャイル監査の内容や⽅法が異なると思われます。 今回は、アジャイル監査の概要、必要性、導⼊に向けた課題の整理、解決策へのアプローチ、アジャイル開発の⽅法論によるアジャイル監査の違いについて、思考実験を試みます。 システム監査に関⼼のある⽅ならどなたでも、お気軽にご参加下さい。
講演内容
  ●アジャイル開発プロジェクトにおけるアジャイル監査

1. アジャイル開発とは︖
2. なぜアジャイル監査が必要なのか︖
3. アジャイル監査の導⼊に向けた課題は︖
4. 課題に対してどうアプローチするか︖
5. 開発⽅法論によるアジャイル監査の違いは︖
6. まとめと意⾒交換

⽇々創発 代表
SAFe Agilist
Disciplined Agile Scrum Master
⼭⼝ 雅和 ⽒
  開催要領
【日時】  2024年6月21日(金)  19:00 ~20:30 (18:45受付開始)
【会場】  Zoomオンライン開催
※接続リンクは、後日申込者に通知されます。
【参加料】 無料
★Peatixによる事前申込みが必要です。
【定員】  30名(先着順)
【申込期間】 2024年6月8日(土) 〜 2024年6月15日(土)
お申し込み

お問合せ先

○お申し込みは、下記Peatixからお申し込みください。

https://jaisa20240621.peatix.com

○個別のお問い合せは、下記フォームよりお願いします。

https://j-aisa.jp/contact/

*申込書にご記入いただいた事項は、今回のセミナー受付に利用する他、今後開催するセミナーの案内や役立つ情報のお知らせに利用することがございます。また講師には、参加者名簿として配布いたします。